育児にまつわる雑記

【育児】2歳差育児のメリット&デメリットとは?

2歳差育児のメリット・デメリット
ann
ann
こんにちは!ぐうたらワーママのannです

そろそろ子どもが欲しいな…と思うとき、気になるのが兄弟の年の差を何歳にするのか!?ですよね。

この記事では、2歳差の兄妹を育てている、ワーママannが、2歳差育児のメリットとデメリットについて書いていきます。
我が家は上の子が5歳なので、乳児~幼児の期間のみとなりますが、これから妊活を始める方の参考になれば嬉しいです。

2歳差育児のメリット

それでは、まずはわたしが思う2歳差育児のメリットから書いていきます!

産休・育休を続けて取れる

これは1人目と2人目の産休・育休を続けて取れる会社にお勤めの方に限られてしまいますが…。
わたしの場合は妊娠しながらの仕事がとても辛く、上の子の妊娠中は切迫早産で自宅安静になったこともありました。なので、休暇をまとめて取ることができたのは体調面からみてとてもありがたかったです。

休みをまとめて取ることで、引き継ぎ等も1度で済ますことができるので、異動や配置換えが多い会社に勤めている方は、自分だけじゃなく周りの方の負担も減らすことができると思います。

2人でよく遊ぶ

今、我が家の子どもたちは5歳と3歳ですが、とても仲が良く2人でずーっと一緒に遊んでいます。
2人で勝手に楽しい遊びを見つけて遊んでくれるので、コーヒーを飲んでホッと一息つく時間がとれるようになりました。

ann
ann
ただし、二人とも幼いので喧嘩も多いですし、テンションが上がって危ないことをすることもあるので、まだまだ目は離せませんけどね…

わたしの母は姉妹と6歳の差があったせいか、子どものころから一緒に遊んだことはほとんどないと言っていたので、年の差が少ない方が一緒に遊ぶことは多いのかなと思います。

また、出来ることや感覚がほとんど一緒なので、お出かけ先も2人が一緒に楽しめる場所を選ぶことができます。

2人でキャッキャきゃっきゃと遊んでいる姿は何物にも代えがたいくらい、本当に可愛くて仕方がないですよ。

一気に楽になる

詳しくはデメリットのところで書きますが、下の子が乳児のころはとっても大変ですが、下の子が歩き始める・一緒のご飯を食べられるようになる1歳半くらいから、一気に楽になります。

同時在園の期間が長い

上の子が年少から保育園に入園した場合でも、3年間は一緒に保育園に通ってくれますので、送り迎えの手間が1度で済む、保育料が割引きになるなどのメリットがあります。

2歳差育児のデメリット

次にデメリットや大変だったことを書いていきます。

下の子妊娠中~2歳くらいまではとにかくしんどい

正直、2歳差育児はこれに尽きます。

妊娠中から低月齢のころは、上の子は自我が出てくる、イヤイヤ期に突入、赤ちゃん返りなど、とても大変な時期になります。
加えて母親は、妊娠〜産褥期は身体がぼろぼろ、頻回授乳による体力の低下や寝不足などで毎日生きているだけで精一杯の日々が続きます

ann
ann
わたしはその頃の記憶はほとんどありません。°(° ˆᴗˆ °)°。

わたしの場合は、その頃は夫の仕事が落ち着いていたし、実家の近くに住んでいて色々な協力を得られたのでなんとか乗り越えられました。周囲に頼る人がいない方は自治体の育児支援(保育園やファミサポなど)や民間のサービスなどをチェックし、いつでも使えるようにしておくことをお勧めします。

上の子の2歳~3歳の可愛さを堪能できない

今3歳の下の子を育てていて思うのが、2~3歳の子どもってすごく可愛い!ということ。

でも、上の子が2~3歳のころは、下の子につきっきりになってしまい、上の子にあまり手をかけてあげることができず、その可愛さを堪能できませんでした。
当時は生きることに精一杯だったので仕方ないのですが、余裕が出てきた今、「もっと手をかけてあげたかった。もっと向き合ってあげたかった、もっともっと可愛さを堪能したかった」と後悔ばかりが浮かんできます。

ann
ann
個人的な1番のデメリットはこの点かなあ…

子どもひとりひとりにしっかりと向き合いたい!可愛さを堪能したい!という方は、兄妹の年の差を開けてあげた方がいいかもしれませんね。

まとめ

色々とメリットデメリットを書いてきましたが、2歳差育児を3年間やってきたわたしが個人的に思うことは2歳差にして良かったなぁです。

我が家の場合は、仕事のこともあり、2歳差を選ばざるを得ないという事情もありましたが、それを差し引いても2人が仲良く遊んでいる姿を見るのはとても幸せです。
なにより、2歳差にしなければ下の子は産まれていなかったと考えると、これがベストな選択だったんだなと思います。(後付けの理由ですけどね(;´∀`))

ann
ann
正直、何歳差にしてもメリットデメリットはあると思いますので、ご夫婦の生活環境やライフプラン、信念に基づいて決めていただくのが良いのかな~、と思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
ann(@ann_44529)でした。