節約術

【節約】家計管理が苦手なぐうたら主婦でも出来る節約術5選

【節約】家計管理が苦手なぐうたら主婦でも出来る節約術5選
ann
ann
ぐうたら主婦だけど、節約したい!

日々の家計管理って、すごく大変ですよね。

私はお金の使い方がとても下手くそで、しかもぐうたらなので、巷にあふれている節約術はなかなか実践ができていませんでした。

しかし、育休中に収入が減ったことで節約や家計管理を勉強し始め、少しずつ自分に合った節約術を見つけることが出来てきています。

この記事では、ぐうたらな私でも出来た超簡単な節約術を紹介しています。

・家計管理が苦手
・無理なくできる節約術が知りたい

というママにはぜひ読んでみてほしいです。

それに、今後は更に景気が悪化することも予想されます。

今のうちに

・節約できる箇所を見極める
・コンパクトな家計にする

ことを意識しておくことがとても重要です。

あなたの参考になれば嬉しいです。

1.銀行ATMの引き出し手数料を払わない

【節約】家計管理が苦手なぐうたら主婦でも出来る節約術5選
銀行ATMの引き出し手数料は最低でも1回110円ほどかかります。

他行のATMを使った場合はもっと高い場合もありますよね。

最近はコンビニで手軽にお金を引き出せますが、こまめに引き出せばその分だけ手数料がかかってしまいます。

ann
ann
1か月5回引き出したら550円も使うことになります!

でも、毎回銀行に行くのは難しい、手数料がかからない時間に引き出すのは難しいというママもいると思います。

実際に私も働いているときはなかなか銀行に行けず、コンビニで下ろすこともありました。

なので、半強制的に手数料を払わないで済む方法をとることにし、手数料0円を実現しました。

私が決めて実践しているのは次の2点です。

お金を下ろすのは月1回にする
引き出し手数料がかからない銀行をメイン口座にする

お金を下ろすのは月1回にする

まず、お金を下ろすのはお給料が出た日の1回のみにするようにしています。

必要な分はその1回で全て引き出します。

私は1か月の家計は上限を決めてやりくりしているので、その上限の額をまとめて引き出してやりくりします。

1回お金を引き出したら次の給料日まで絶対引き出さない、を徹底することで、手数料もかからないし無駄遣いすることも減りました。

引き出し手数料がかからない銀行をメイン口座にする

これが一番確実で手っ取り早い方法です。

私は長野県に住んでいるので、長野県労働金庫の口座をメインで、セブン銀行の口座をサブで使っています。

なんと、長野ろうきんは24時間どのATMでも無料でお金を引き出すことが出来るんです。

ann
ann
めっちゃお得です!

ただし、ろうきんは全国にありますが、地域によっては引き出し手数料が無料ではない場合がありますのでご注意ください。

そしてセブン銀行は、セブン銀行のATMであれば、土日祝日も日中(7時~19時)は引き出し手数料が無料です。

ですので、家や職場の近くにセブンイレブンがある場合は、セブン銀行もおすすめです。

このように、引き出し手数料がかからない銀行口座をメインで使うことで、いつでもどこでもストレスなくお金を引き出すことが出来ます。

2.ストックを沢山しない

【節約】家計管理が苦手なぐうたら主婦でも出来る節約術5選
次に実践しているのは、ストックを沢山持たないということです。

洗剤やトイレットペーパーなど、使用期限がないものは安く売っているとついつい沢山買ってしまう…なんてことはありませんか?

ann
ann
私はめちゃくちゃありました!

安いからと言ってたくさん買うと、1度の購入費用がそれなりに高くなりますよね。そうすると毎月の予算を圧迫し、他の物を購入できないという事態に陥ります。

また、ストックがたくさんあるから…とつい気が大きくなってしまい、量を多めに使ってしまったりしてしまいます。

せっかく節約するために購入したのに節約になっていないということになりかねません。

ストックは自分で把握できる程度にとどめておき、大切に使うのが節約に繋がります。

3.セールで買い物をしない

【節約】家計管理が苦手なぐうたら主婦でも出来る節約術5選
私は買い物をするのがとても下手です。

安い!と思ったら少し気に入らないところがあったり、サイズが合わなかったりしても買っていたりしていました。

それで、そういう服って絶対に気に入らなくて着ないんですよね。

ann
ann
よく無駄遣いをしていました。

そこで私が決めたことは、「セールで買い物をしない」と言うことです。

安くなっている商品を見ると、上でも触れたように商品を見る目が甘くなります。

基本的には「定価でもいいから欲しい!」と思ったもの以外は購入しないようにしました。

なので、商品が安くなっているセールには、【セール目当てで】行かないことにしています。

たまたまお店に行ったときにセールだった、という場合もありますが、それはOKとしています。(というか、ラッキー)

ann
ann
ただし、予定になかったものは買いません!

これでだいぶ無駄な買い物を減らすことが出来ました。

余談ですが、SNSで育児アカウントを見ていると、お買い物上手なママが西松屋のセールで来シーズンの服を購入しているのを羨ましく眺めています。

今買いに行ったら安いのか!と思い、私もやろうかと思いましたが、買い物下手なので止めておきました…。

節約は自分に合ったやり方で!が基本ですね。

4.食品ロスを出さない

【節約】家計管理が苦手なぐうたら主婦でも出来る節約術5選
これも本当に簡単な節約なんですけど、食品ロスを出さないように心がける、ということ。

例えば、小松菜が70円で売っていたとして、「安い!」と思って5束購入したとします。

けれど、全て使いきれずに1束捨ててしまった。

そうすると単純に70円が無駄になっていますよね。

購入した食品を食べずに捨ててしまうことは、お金を捨てていることと同義です。

ann
ann
足がはやい食品は、食べきれる量をその都度購入することで、無駄をなくすようにしています!

わが家で、安い時に多めに買い置きしているのは、ニンジンや玉ねぎなどの腐りにくい野菜、卵、肉(冷凍する)、パスタ、味噌など。

食費の節約がなかなかできない私ですが、ひとまず買ったものは全て食べきる!を基本に頑張っています。

5.コンビニや自販機で飲み物を買わない

【節約】家計管理が苦手なぐうたら主婦でも出来る節約術5選
手軽なのでついついやってしまいがちですが、コンビニや自販機はできるだけ使わないようにしています。

購入するならスーパーやドラッグストアなど、安く購入できる場所で購入します。

コンビニとスーパーで月5本の麦茶を購入する場合、かかる費用は

コンビニ:100円×5本=500円
スーパー:80円×5本=400円

1か月で100円の差が出ることになります。

ann
ann
この時期(夏)ならお茶はパックの麦茶で自作するのも大切!

ただ、絶対に買わないという訳ではなく、「わざわざ買いに行く時間と労力」と「価格」を考えた時、コンビニや自販機の方に軍配が上がる場合もあります。

例えば、公園で遊んでいて、用意していた飲み物が全て終わってしまった時。

わざわざスーパーに移動するより、近くの自動販売機で購入した方が時間も労力もかからず、そのまま遊び続けられるので良いですよね。

このように、基本は買わないようにしつつ、臨機応変に対応することを心がけています。

節約って、実践してみて思いましたが、「毎回必ずやらなければならない」という訳ではありません。

もちろん「毎回必ずやる人」がお金が貯まる人だと思うんですが、それで自分自身がつらくなったり、しんどくなってしまうのは良くないことです。

上でも書きましたが、私は本当にぐうたらで節約や家計管理が苦手です。毎回必ずやる!と自分を律することも苦手です。

なので、自分が苦しくならないように、無理のない範囲で節約することを心がけていますし、「今日はちょっと楽しよう」と節約しない日も作るようにしています。

節約って毎日のことです。

どうかあなたも、自分自身に合ったやり方を探してみてくださいね!

家計をスマホ1つで一元管理【Linkx 家計簿】

ann
ann
最後まで読んでいただきありがとうございました。
ann(@ann_44529)でした。