お知らせ内容をここに入力してください。

土地が決まりました!【ゆるおうちづくり】

土地が決まりました!【ゆるおうちづくり】

こんにちは、あんなです。

このブログは、私あんなが日常などをつづっているブログです。

今回はおうちづくり編。ついに土地が決まったのでそのことを記録していきますね。

土地探しに苦戦している方に少しでも参考になればうれしいです。

Contents

おうちづくりの計画開始

こちらの記事でも書いているのですが、おうちづくりの計画、というか具体的に動き始めたのは2021年9月でした。

あわせて読みたい
おうちづくりを始めます!【ゆるおうちづくり】 こんにちは、あんなです。 この記事から、おうちづくりの記録をしていこうと思います。 【これまでの流れ】 まず最初に、これまでの流れを記していきますね。 2021年9月...

何社かのハウスメーカーや工務店に話を聞きに行き、期待を膨らましていました。

あんな
このときは、その気になれば家はすぐに建つんだと思っていました。

意外とすぐ土地があった?

そんな中、某ハウスメーカーの営業さんから連絡がありました。

条件にあう土地があったので、一度お話しさせてください

と。

次の休みにハウスメーカーへ訪問して話を聞くと、それはもう理想通りのエリアと価格の土地。短絡的でせっかちな私は、ここいいじゃん!と思ったのですが、慎重派の夫は首を縦に振りませんでした。

夫曰く、待っていればもっと良い土地が出てくると思う。とのこと。

確かに、エリアも価格もサイズ感も良かったけれど、その土地は旗竿地。南側は道路だったからまぁ良いものの、東側は空き地で今後どんな建物が建つのかわからない。

開発中のエリアなので、もしかしたらコンビニなどの商業施設が建てられる可能性もある…。

静かな環境でゆっくり過ごしたい私たちの希望が叶わない可能性もあることから、初めて検討した土地は購入しないことに決めたのでした。

気が付くと1年が経過

その土地を買わないと決めたのは良いものの、待てど待てども候補に挙がるような土地は一切出てきませんでした。

土地情報自体はあったのですが、微妙にエリアが外れていたり、金額が高すぎたり、周辺の道幅が狭かったり…贅沢とは分かっていつつも、一生住むのだからどうしても妥協できないポイントを押さえた土地が良いなと思っていました。

あんな
土地はあとから変えられないから、満足のいくものを買いたいと思っていました。

そんなことを考えていたら、あっという間に1年が経過していました。

おうちづくりをしよう!と思い立った時には、こんなに時間がかかるなんて思ってもいませんでした。

運命の日は急にやってくる

そんなこんなで色んなハウスメーカーや不動産会社に連絡を取りつつ1年4か月が経過した2022年12月、遂に理想的な土地が売りに出されているのを発見。

サイズ感は理想より少し小さめ&割高だけど、エリアや周辺環境が最高に良い!!

早速問い合わせてみると、他にも多く問い合わせがあるとのこと。(これはちょっと焦らせるような策略もあるかもしれませんが、なんせ人気エリアなので全くのウソではないと思われる。)

その流れで、一番建てたいと思っていたハウスメーカーの営業さんへ電話。土地の情報を伝えて、その土地で希望通りの家が建てられそうか判断を委ねることにしました。

トントン拍子に契約へ

この見出しからも分かる通り、ハウスメーカーさんのお墨付きをいただきました。

サイズ感としては、平屋を希望している私たちにとっては少し小さめではあるものの、箸にも棒にも掛からないような感じではないということ。

そして、その営業さんは「ちょっと難しい土地で工夫して家を建てる」ことにやりがいを感じているんだって。(夫は実例とか色々見せてもらったらしい。)しかも、「その土地楽しそうですね!」と施主である私たちよりテンションが上がっている始末。

営業さんとの付き合いも1年を超えていて信頼関係は築けているし、これ以上に立地の良い土地は出てこないだろうなぁという考えから、土地を契約することを決めました。ついでに、相見積もりを取ることもなくハウスメーカーも決定しちゃいました。

おうちづくりを始めてから1年くらいは全く何も進まなかったのに、タイミングが合えばトントン拍子に猛スピードで契約まで行ってしまう。

おうちづくりの良い面・悪い面、どちらも見たような気がします。結婚はタイミングとよく言われますが、おうちづくりもタイミングはものすごく大切ですね。

相見積もりについてはしっかり取るべきだったのかもしれませんが、いかんせん私たち夫婦と営業さんとの間に信頼関係ができていたので、もういいかなと思ってしまいました。

あまり信頼関係を構築できていなければ、他のハウスメーカーさんにも見積もりと間取りの提案をお願いしていたかもしれません。。。

そんなことを考えると、「この人にお願いしたい!」と思える営業さんと出会えた私たちは非常に幸運だったのかもしれないなぁと思います。

Contents